--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.09

Parallels Desktop for Mac BetaUpdate 1862

Parallels Desktop for Mac のBeta Update Version1862が公開されているようです。
Update内容としては使用出来るUSBデバイスの追加やパフォーマンスの向上、Video性能の向上(主に動画再生のパフォーマンスの向上)キーボードで使えなかったキーが使用可能になったり、その他BugFix等のようです。

本日、会社から帰宅したら早速インストールしたいと思います。




バージョンアップ内容の原文は下記になります。

Update your current Parallels Desktop version and evaluate improvements we made:

USB improvements - easily use multi interfaced and isochronous USB devices (including Windows Mobile 2005 and webcams).
Mac OS X performance improvements - optimize Mac OS X or guest OS performance by switching off the Mac cache function.
Graphic performance improvements - enjoy faster, smoother video playback.
Keyboard support improvements - use all of the keys on your Mac keyboard, such as the eject CD button, right-left and Shift/Ctrl/Alt (option)/Windows keys, in any virtual machine.
Unicode path support improvements - name files and paths in national languages.
Shared folders performance improvements - open folders and files faster, and transfer data across OSes smoother.
Other fixes and improvements
スポンサーサイト
Posted at 09:58 | Macintosh | COM(2) | TB(0) |
2006.08.09

VirtualPC for Mac 開発中止に

会社でIppoさんから情報を頂いたのですがVirtualPC for Macが開発中止になるようです。Mac24でこのニュースに関する記事がありました。




Rozetta環境を使ってVirualPCを起動出来るようにしてもパフォーマンス的に問題はでるしUniversal Binaryで作り直しをするにしてもかなりの開発時間、労力も必要でしかもApple自身がWindowsを起動できるようにするツールBootCampやVT-Xに対応した高速動作を実現したParallels Desktop for Macの登場、VmwareのMac版の開発表明。色々な事が重なりMicrosoftにとって開発するメリットがあまり無くなってしまったのが原因なのか。

Microsoftの技術力をみせるため素晴らしいVirtualPCを出してくれると期待していただけにかなり残念。複数で競い合っていいソフトを生み出すのはいいことなのに。

それにしてもここ最近のMicrosoftはかなりやる気がないようなのは気のせいでしょうか。度重なるVistaの発売延期などもそうですが。

Intel Mac用の仮想PCソフトはParallels Desktop for MacとVmware for Macがメジャーで競い合いになりそうですね。どちらにせよいいソフトを作ってくれることを期待します。
Posted at 03:12 | Macintosh | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。